WILD PENNY

Loafer

厚さは2mm。世界最高水準の1kドライ・カーボンプレートを目掛けてウォータージェットが小さな弧を描き始める。鳴り響く甲高い金属音。想像を絶する水圧によって水滴は微塵もない。作業は数十秒にして完了するも、切削際の極度の緊張感からかその時間は永遠とも思える。削り出されたそれこそが直径19mmのカーボン真円盤“ワイルド・ペニー”である。幸運の1セント(ペニー)コインさながら、ハンドソーンで仕立てられたローファーベルトのウィンドウにこっそりと仕舞い込むのだ。正当なアイビー・トラッドを継承する男たちは
“ラッキー・ペニー”の伝承についてこう言う。“路傍で拾ったコインの年式は出来るだけ古い方がいい。そして、拾う瞬間プレジデントと目が合ったならばその日はきっとパーフェクトだ。”
NEGRONIのデザインは、度重なる物理的な実験と検証によって生み出されるものが常である。イタリアとドイツで共同開発されたソール製法“HOVERCRAFT”がもたらす軽やかなフット・タッチ、そしてベアフット(裸足)の肌触りを追求したスペシャルなパンチング・アルカンターラがジェントリー・ドライバーの足元を爽やかに飾るだろう。しかし、時にこの“ワイルド・ペニー”が貴方にささやかな幸運の光を輝かしてくれるならば、それこそが最もプリミティブで美しいデザインではないか。

CRAFTSMAN SHIP

COLOR LINE UP