CHIORINO CARBON LEATHER

MADE IN ITALY

NEGRONIのドライビングシューズで象徴的に使用されている最高級のカーボンレザーは、1906年イタリア・ヴィエッラ創業のキオリーノ社で製造されている。このプロダクティブな表情は適度に肉厚で非常にしなやかなレザー(生後6ヶ月から2年くらいまでの中牛革)に極薄のカーボンパターンフィルムをラミネートして表現している。その屈強な耐光性や耐摩耗性に加え、製品の安定したコンディションはレザー製品以外にもコンベアベルトなど多くの工業製品を扱う同社ならではのクオリティである。NEGRONIにおいては、ヒール&トウの補強として使用されてきた以上にモータースポーツを象徴とするアイコンとしてのイメージが強い。採用から10年以上が経過した今も、このレザーに対する信頼は揺るぎないものである。